精神面とバストの関係 | バストアップの基礎知識






バストと精神面の関係について

 

agata

 

お盆の上に乳房を置いて、たたずむ女性。

これはシチリアのアガタというカソリック、正教会の聖女です。美しさで権力者に迫られても、はねつけたために乳房を切り取られた人です。乳がんの人を守ると言われています。

 

 

バストは女性にとってすっごく重要なもの

女性にとってバストアップは、ただの見た目の問題ではないのです。ある意味尊厳です。今は乳房全摘ということも減ってきましたが、乳がんで乳房切除手術を受けた方のための下着などもあります。命があっただけましという問題ではなくやはり、自分の胸が無くなってしまうというのはショックなことです。

 

性同一障害の傾向から見たバストの重要性

今、ご縁があって性的少数者の方とインターネットでお話しています。

性同一性障害、正確には性別違和の方々とお話していますと、やはりバストに対する大きなこだわりを身にしみて感じます。

例えばMTF、つまり、心は女性、体は男性の方はバストアップの仕方を知りたがります。女装の趣味の方は異性愛の方が多く、性同一性障害の方は見た目では分からないほどになります。そういった方には胸を大きくするサプリとして、プエラリアなどは大人気ですね。

逆にFTM、つまり心は男性、肉体は女性の方は、何とかして胸を減らそうとします。ナベシャツと言って潰すものもありますが、相当きついそうです。

 

デリカシーのない男性って許せないですよね・・・

筆者も貧乳貧乳と言われ続け、本当に男性に対して怒ったことが何度かあります。

自分自身はバストはこの程度でいいと思ってもハラスメントは許せないんですよね。

私の場合、「デリカシーがないよりよっぽどましです!」なんて言い放ちましたが、そんなセクハラに対して文句も言えない気が弱い女性の場合は不登校や出社拒否になってしまうこともあります。

一緒にバストアップして見返してやりましょう!^^