バストアップと服装について | バストアップの基礎知識






バストが大きく見える服ってどんなの?

洋服のデザインによってバストラインの見え方が違う

例えば同じBカップのバストでも、服装や全身のバランスで大きさが変化します。

下着のサイズや形状によっても見た目が変化しますし、身体の厚みなども関係してきます。

私は痩せていて胸は大きくありませんが、見た感じは実際よりも若干胸が大きく見えるようです。これはヒップが張っていて腰か胸に切り替えがあるジャケットのインナーに比較的柔らかい素材で装飾が入った物を着ているためです。胸元にボリュームがあるデザインだと、見た目はバストアップして見えます。

また、主にパンツスタイルが多いのですが、足首は細く見えるようにしています。

逆に固いすとんとしたデザインだと、本当に寸胴なイメージになってしまいます><

つまり、メリハリがしっかり出やすいデザインかどうかでバストに実際よりもボリュームがあるように見えるかどうかが決まるってことですね。

 

バストアップのためには服に合わせてに下着を変える

本当はバストアップのためには、下着の形やホールド力を服ごとに変えていくといいのです。

寄せてあげていくときには3分の4カップ、ハーフカップなどがいいです。

逆にデコラティブなデザインの服ですとカップ付のチューブトップや装飾のないシンプルなデザインが良いでしょう。見事に服にラインが出ます。

 

寄せて上げる場合の注意点について

寄せてあげてでバストアップする方もいますが、中には血行が悪化してしまう方もいますのでマッサージやエステ等通いつつ、自分のバストはどういうケアが必要なのかということを考えていきましょう。

急にあげてしまうと、いかにもという感じなので、徐々にアップしているように見せていくといいでしょう。

 

体型(スタイル)と服とバストアップの関係

普段どういった感じの服を着ていますか?バストアップして着たい服とかってありますか?

バストアップと言っても、大きければどんなデザインの服も似合うということはありません。普段着る服や着たい服によってちょうどいい胸のサイズが決まってくるというのは知っておかなければいけない基礎知識のひとつです。

例えば、洋服の買い物の際に、試着してみたら肩はぱつぱつ、でも胸元はスカスカというようなこととかってありませんか?女性の服は男性と違って胸の分のカッティングが立体的になっているため、体型によってはその立体的になっている分の布が余ってしまうのです。

小柄の人の場合・・・

特に小柄でバストが小さい方や逆に大柄だけどやっぱりバストが小さいって方は大変です><

身長150の私の場合、Mサイズは、ぶかぶかでだらしない恰好になってしまいます。

また、昔から水泳などして筋肉がついて女性としてはがっちりした体型なので、Sサイズですと筋肉が邪魔して二の腕がぱつぱつで何枚か破ってしまいました^^;

私の場合はMPというサイズがちょうどいいみたいです。

大柄な人の場合・・・

逆に大柄で、胸の無い方はLサイズ以上ですとゆったりしたシルエットが多いので細い方はあちこち補正しないといけません。もちろん自分で解いて直すなんて簡単にはできないんでやっかいですよね。

 

デザインによる服の見え方と自分に最適な服について

すとんとしたワンピースなどは、胸がないと寸胴になってしまうのでバストアップしないと着こなせないことも多いです。

逆に、あまり胸の大きい方はラッフルやギャザー、カシュクールなどは太って見えてしまうので注意が必要です。

 

以上のように、バストの大きさや体型の違いによって似合う服が変わってくることをまとめてみましたが、自分の着たい服にあわせて下着やバストアップの方法を考えるということも自分に適したバストアップ法を見つけるコツのひとつかもしれません。

どうしても早く大きくしたい場合は豊胸手術も視野に入れた方がいいこともありますが、適度な大きさで張りのあるバストをめざすっていうのが無難かもしれないですね^^